2013/10/24

新型のiPad、iPad AirとiPad mini Retinaディスプレイモデルが発表されましたね!
ということで前世代のものと、どのように違うか比較しました。


このようになりました。全体的な変更としてCPUがA7プロセッサーに変更され、64bitになりました。そして、iPhone 5sから登場してきたモーション・コプロセッサーが追加されました。Wi-Fiのアンテナが2本になりネットワークの送受信が早くなりました。

iPad Airの変更点は上記のものとデザインが変わりました。ベゼルが小さくなったり薄くなったりし、重量は183gになりました。

iPad miniはRetinaディスプレイが搭載されました。そしてバッテリー容量が増えたのですが、Retinaディスプレイになった分電力を消費するので使用できる時間に差はないらしいです。重量が増えたのは残念ですね。


私はお金がないので買えませんがiPad Airは11月、iPad mini Retinaディスプレイモデルは11月中発売です。セルラー版はSoftBankとauから発売です。楽しみですね!

One Response so far.

Leave a Reply

Subscribe to Posts | Subscribe to Comments

Contact

何かをするブログでは皆様の質問を受けております。

メール:do_something@live.jp

ブログ内容の質問、相互リンクの登録全て受け付けています!
このメールアドレスはiMessegeでもいけますのでドシドシご意見お願いします!

Popular Post

Powered by Blogger.

- Copyright © 何かをするブログ - Metrominimalist - Powered by Blogger - Designed by Johanes Djogan -